ヘアエステ評判ガイド

定率リボルビング方式って何?

定率リボルビング払いとは、近年、クレジット会社、消費者事業者金融が積極的に取り入れ、顧客への利用を呼びかけている返済方法「リボルビング払い」のひとつの方式です。

リボルビング払いは、回数指定の分割払いのように、それぞれの案件の利用額を支払い回数で割って返済金額を決めるのではなく、借入残高がいくらでも月々10000円なら10000円と返済額を決めて合計の返済額を減らしていく方式です。

通常は「リボ払い」と呼ばれています。

利用額のすべてが自動的にリボ払いになるカード契約と、月々の利用案件の中から指定してリボ払いにする「後からリボ」という方式も一般化してきました。

リボルビング払いには、「定額方式」「定率方式」「残高スライド方式」の種類があります。

この中で、定率方式リボルビング方式は、締め日に確定した借入残高にあらかじめ決められていた返済率から返済金額を算出する方式です。

定率リボルビング方式には、「元金定率リボルビング方式」、締め日に確定した借入残高に対してあらかじめ決めてあった割合で元金の返済額を決め、それに利息を上乗せして毎月の返済額を決定する方式です。

定率をあげれば、返済回数、返済総額が減少します。

「元利定率リボルビング方式」、締め日に確定した借入残高に利息を上乗せした金額に対して、あらかじめ決めてあった割合(定率)で返済金額を決める方式です。

元金に利息を上乗せした金額から返済額を算出しますから、結果的に、元金定率リボルビング方式よりも返済総額、回数とも多くなります。

定率リボルビング方式は、利用残高が高額になると、元金が減らずに利息部分ばかり支払っているといった事態が起こる場合があります。

リボルビング払いでも、利用残高と残りの支払い回数は毎回チェックして利用計画、返済計画をたてましょう。