ヘアエステ評判ガイド

社労士取得方法

社労士は独学で取得を目指すか、スクールを活用するかの選択を迫られる資格といえそうです。

難易度が高い資格ではありますが、独学での合格も決して不可能ではなく、通信講座なども充実しています。

社労士の資格を取得するためにはまず受験資格を確認しておく必要があります。

受験資格は以下のようなものがあります。

「大学の一般教養課程を修了した者、または大学において62単位以上を修得ずみの者」 「短大、高等専門学校を卒業した者」 「修業年限が2年以上の専門学校を卒業、修了した者」 「行政書士の資格を持つ者」 そのほかにもいくつかの要件があるので、まず自分が条件を満たしているかどうかを確認しておく必要があります。

合格率は7〜10%程度でやはり低い数字となっています。

試験合格のためにはかなりの勉強が必要となるでしょう。

しかし、合格者の約半数程度は会社員。

働きながらでも十分に取得が可能となっています。

それだけに勉強方法が重要になります。

まずテキスト。

過去問はもちろんとして、厚生労働白書や労働経済白書、予想問題集もぜひとも用意しておきたいところ。

それから重要となるのが法改正。

法改正によって試験内容が異なってくる場合があります。

スクールに通っている場合には適時法改正に対応した授業を受けることができますが、独学の場合には情報収集がポイントとなります。

この点が独学のデメリットといえるでしょうか。

決して楽ではありませんが、受けて損はない資格です。

ぜひともがんばって社労士の資格を取得したいものです。