ヘアエステ評判ガイド

抗生物質とニキビケア

ニキビがたくさんできている時には、自分自身でなんとか治療しようと頑張らずに皮膚科を受診して抗生物質や塗り薬などを処方してもらうことをおススメします。

皮膚科に行くと肌に直接塗ってニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するクリームや、ニキビの炎症を抑えることができるクリームなどを処方してもらえることが多いようです。

しかし、アクネ菌はもともと私達の肌に存在している菌なので絶滅させることは不可能ですし、もともとホルモンバランスの崩れや皮脂分泌の過剰などが原因で出来ているニキビですから、クリームを塗らないとすぐにニキビが悪化してしまう事も多いようです。

ひどいニキビをスピーディに改善するためには、塗り薬も良いですがやはりなんと言っても内用薬が優れています。

ニキビケアのための内用薬にはホルモンバランスをコントロールしてニキビの原因になる皮脂分泌を抑える働きのある薬もあれば、ニキビに働きかけてニキビの炎症を抑えたりニキビが出来にくい肌質を作るような抗生物質が処方される事も多いようです。

ニキビケアの際に処方されることが多い抗生物質には、ニューロキシン系やリンコマイシン系が一般的なようです。

たまにマクロライド系の抗生物質が処方されることもありますが、ニキビケアというよりは体内のホルモンバランスを調整するために使うようです。

抗生物質は塗り薬として処方されることもあります。

クリームタイプやローションタイプなど、抗生物質でもいろいろなタイプの薬となっているので、希望があれば伝えると良いでしょう。