ヘアエステ評判ガイド

ヘルツって何?

ヘルツ(Hz)とは周波数・振動数を表す単位です。

電磁気学の分野において草分け的な存在として知られる、ハインリヒ・ヘルツに因んで命名されました。

1ヘルツは、「1秒間に1回の周波数・振動数」が生じる状態を意味します。

一般的には、電磁波や音波などの波の周波数を表す際にヘルツ(Hz)が用いられます。

例えば、ラジオ放送については、テレビ放送などと違い、搬送波周波数表記で選局するのが一般的となっています。

近年では、CPUなどのクロック周波数を表す際に用いられる機会が多く、マシンのスペックを表す言葉として定着しています。

1974年から2000年までに市販されたほとんどのCPUについては、「メガヘルツ」の範囲の速度で動作していたといわれています。

現在、家庭用PCで用いられているものはギガヘルツ(109ヘルツ)の速度で動作しています。

しかし、多くの組み込み用コンピュータや、携帯ゲーム機などでについては、依然としてメガヘルツの速度で動く機種が一般的です。

メガヘルツの数は、CPUのクロック信号の周波数(クロックスピード)を意味するものであり、また、各種のバス(CPUとシステムRAMを接続しているメモリバスなど)もまた、メガヘルツの範囲の周波数のクロック信号によって信号を転送しています。

ただし、ヘルツの大きさが必ずしもCPUの性能に比例するとは限らず、様々な要因によって動作環境は異なります。

PCゲームにおいては、ビデオカードやメモリの容量も大きなポイントになります。

ヘルツはあくまでも目安として考えた方が良いでしょう。