ヘアエステ評判ガイド

外資系の求人

数年前から官僚離れが進み、トップクラスの人材がキャリア官僚の道よりも外資系企業に就職するというケースが増えています。

外資系企業は言うまでもなく実力のみが通用する世界です。

下手に官僚の道を進むよりは、実力次第で30歳でも数千万円もの年収が稼げる外資系企業を選択するというのです。

外資系企業と言っても求人環境は業種によって異なります。

通常外資系では金融業界やIT業界、ファッション業界などの営業、企画、経理、事務などが中心となっています。

こうした分野で外資系企業に人気が集中するのには理由があります。

外資系企業はおおむねフレンドリーな職場が多く、基本的なルールに関してもグローバルなルールを採用している場合が多く、意味のない上司との飲み会や、直属ではない上司から仕事上の指示を受けるようなこともありません。

一方で、最近ではIT業界における外資系企業への就職や転職が目立ちます。

この場合気になるのは外資系企業内部での指揮形態や責任の範囲、残業時間があるのかなどですが、基本的にこうした点は外資系企業といえども日本の企業と大きく異なることはないようです。

こう言うと「外資系企業では残業はないのでは?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、それは大きな誤解です。

自らのプロジェクトが成功するために、あるいは誰よりも大きな発言権を得るために、深夜でもひたすら職務をこなすようなことは珍しくありません。

しかしながら日本の企業のように、他のスタッフの目を気にしての付き合いのような残業や、労働法的に見て問題があるサービス残業などはほとんど外資系企業では見られません。